Yuckey Lab

主にFPVドローンレース/作ってみた系/プログラミング/工学全般などなどについて,しがないエンジニアが徒然なるままに書き連ねるブログ

ドローンが水没した時の対処法

こんにちは

Yuckeyです.

先日,河川敷でFPVのフリースタイル練習をしていた時のことです.
川の上を飛んでいたら急にデスロールが発生し,ドローンが川の中に落ちてしまいました...

その時の映像をゴーグルのDVRで撮影していたので,YoutubeにUPしています.

youtu.be

ドローンは電子機器がたくさん載っているので,ほとんどのパーツが壊れたのかな・・・
と思っていたのですが,
ほとんどのパーツがなんとか生きていました!!

いくつかは壊れていましたが,数点パーツを交換することで既に飛行できるようにまで回復しました!!

壊れたパーツはVTXのみ!
ただし,VTX一体型のFCを使っていたので,FCとVTXを交換する羽目になってしましました・・・

カメラには若干ノイズが乗ってしまっていますが,なんとか使える状況です.

ESCや受信機,バッテリなどは使えています.

そのため,今回は,

  • ドローンが水没した時の私のとった対処法
  • 雨などでパーツが壊れにくくするためにとっていた事前の準備

を記載したいと思います.

ドローンの水没に備えて

実は急な雨や,浅い水たまりへの水没対策として,事前にドローンに搭載されている電子機器に簡単な防水対策を行っていました.
それがこちらです.

goot 防湿コーティング剤 BS-C20B

goot 防湿コーティング剤 BS-C20B

どこまで効果があったのかはわかりませんが,
FCやESC, VTXなどの電子機器の基盤面にこちらのコーティング剤を大量に塗っていました.
その結果,今回水没したにも関わらず軽症で済んだのかもしれません.
ただし,効果がどれだけあるのかは不明です.(笑)

ドローンが水没してからの対処法

今度はドローンが水没してから行った対処ですが,
以下になります.

  1. バッテリのプラグを抜く(今考えれば感電注意です!!)
  2. 綺麗な水で水洗いする.
  3. ひたすら乾燥させる.:数日から1週間程度?
  4. バッテリのような大電流,高電圧の電源には繋がず,なるべく低電圧の環境で動作確認を行う
    今回はUSB接続でFCの動作確認から実施しました.
  5. バッテリに繋いで駆動系のチェックを行う(プロペラは外した状態!!)
  6. 水没したバッテリは完全に乾燥させた後,電圧チェックを実施
  7. 正常電圧レベルであれば十分監視しながら充電を実施:危険なのでオススメしません.
    以上!!

今回はドローンが水没した際に私のとった対処法を記載しましたが,
毎回うまくいくやり方ではないと思います.
また,水没した場合,感電の危険性があるため,非常に注意していただきたいことと,
水没したバッテリは既に使えなくなっている可能性が高いため,再利用はあまりオススメしません. あくまでも自己責任でお願いします.

今回の私の対処法が少しでも参考になれば幸いです.

宜しければ,Youtubeの方も,チャンネル登録やいいねボタンを押していただけると幸いです.

www.youtube.com